魔法の万年筆 3

小説家の話、昨日の続きです。

==

3 小説家は家に帰り、男からもらった万年筆にインクを入れた。書き心地も良い。

小説家「そうだ。さっきの男を話に登場させよう」

男について思い出そうとしたが、スーツを着ていた以外、どんな顔や声をしていたか何も思い出せなかった。

小説家「煙のように消えてしまった男…。これで、行こう!」

そして、小説を一晩で書き上げた。

翌日、担当の編集者が原稿を受け取りに来た。いつもは待たされるのが常なのに、原稿はすでに封筒に入れてあった。小説家は早くも続編を書いている。

『魔法の万年筆』で書き上げた小説は飛ぶように売れた。文学賞を獲り、映画化も決まった。他の出版社からも、次々と執筆依頼が舞い込んだ。

小説家「この万年筆さえあれば、いくらでも書けるぞ」

==

明日に続きます。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/12/7353/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)