魔法の万年筆 2

小説家の話、昨日の続きです。

==

2 小説家に声をかけたのはスーツ姿の男だった。小説家と目が合うと、微笑んだ。

男「私、○○先生の大ファンなのです。お目にかかれて、光栄です」

小説家「ありがとう」

男は小説家の手の下にひかれた白い原稿用紙に、目を走らせた。

男「新作の執筆中でいらっしゃるのですね。もし、よろしかったら、このペンをお使いください」

取りだしたのは、珍しい柄の万年筆だった。小説家は万年筆を集めるのを趣味としており、コレクションはよく雑誌にも取り上げられた。

小説家「おお、これは初めて見るものだな。どこのメーカーなのだろう」

男「今はもうない小さな工房で作られたものです。どうぞ、使ってみてください」

小説家「いやいや、他人の万年筆は使えないよ。素敵なものを見せてくれてありがとう」

男「いえ、実は新品のまま、譲り受けたのです。私にはもったいなくて、とても。ここで先生と出会えたのも何かのご縁。もし良かったら、ファンからの贈り物として受け取っていただけないでしょうか」

小説家「本当に良いのか」

受け取った万年筆は、窓からの光を受けて、光り輝いて見えた。

男「ええ。この工房の万年筆の書き味は格別だそうです。何でも、書くのが止まらなくなる『魔法の万年筆』だと」

小説家「それは楽しみだな」

==

明日に続きます。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/12/7260/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)