ジュール・ヴェルヌ

19世紀フランスの作家ジュール・ヴェルヌを描きました。「月世界旅行」「海底二万マイル」「十五少年漂流記」など、多数の作品を残しております。SFの父と呼ばれますね。

なぜ、いきなりジュール・ヴェルヌなのか。それは今日が7月10日だから。7月10日→ナン(7)ト(10)→フランスのナント(都市)→ナントにゆかりのある・・・→あ、ジュール・ヴェルヌの出身地だ!

なんと!それだけの理由なのです。好きな作家の一人ですが、まだまだ読んでいない作品も多いです。大人になれば、読書感想文の宿題もないですから、のんびり読書します。

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2019/07/9183/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)