クルテク、もぐらくん

自分の絵の作風、いわばタッチってどこから来ているのだろうと、ふと思いました。画家で好きなのはアルブレヒト・デューラーやミケランジェロの、ごつごつした感じ。一方、歴史の大家と比べてはいけないのですが、自分の絵は「やわらかい」と言われることが多いです。
「やわらかい」はともかく、イラストで心がけている「素朴なかわいらしさ」の原点はこれかも知れません。
チェコの国民的アニメ「クルテク」! 日本は「もぐらくん」の名前でアニメだけでなく、絵本も何冊か出版されています。アニメは私が幼少期にテレビで放映していたのです。親がビデオに録画して、それこそ擦り切れるほど見返していました。ビデオがベータだったので、その時代がいかに以前だったかは分かるでしょう。あまりに観すぎて、家族にあきられていました。
クルテクこと、もぐらくんの日常を描く、10分くらいの短編アニメです。好奇心旺盛で、やんちゃなもぐらくんの毎日は小さな冒険に満ちあふれています。いわゆるセリフがないので、幼少期にぴったりなのです。
長編もいくつかあります。劇場公開時と、上記のDVDボックスを10年ほど前に購入してから見ました。マッチ箱を模した箱がまたかわいい。長編はかわいいだけじゃなく社会の風刺もすこし感じました。
好きな話はいくつもあるのですが、一本だけ選ぶとしたら「もぐらくんとおんがく」! もぐらくんがレコード作りに挑戦するのですが、その作り方が、アニメらしいとてもユニークな方法です。 
日本はこういった子ども向け短編アニメは少ないように感じます。見た目が可愛い短編アニメはたくさんあります。今年に入って、いわゆるアート系短編アニメを計3本見たのですが、子ども向けというより、作り手が、作りたい話を、作っている感じですね…。もちろん個人の作品ならばそれでいいのですが、劇場公開用ではどうなのでしょう。手間のかかるアナログ作業を行ったと、ことさら強調する作品も見受けられますが、それならば今の時代CGでいいんじゃないかな~と個人的に思います。
話を戻すと、チェコは街中でクルテクグッツが売られているそうです。いつか行かないとですね。
タグ
パーマリンクURL https://iroirokaigakan.com/2014/08/1149/