三菱一号館美術館|レオナルド×ミケランジェロ展 後編

昨日に引き続き、開催中の三菱一号館美術館「レオナルド×ミケランジェロ展」について。

展示会場に撮影できる部屋があり、左にレオナルド・ダ・ヴィンチの《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》と、右にミケランジェロ《〈レダと白鳥〉の頭部のための習作》の拡大パネルが。

最近の美術展ではすっかりお馴染みになった撮影可能コーナー。私もそこでパシャパシャ撮影してしまう一人です。

昨日はダ・ヴィンチでしたので、本日はミケランジェロを描きました。

ミケランジェロは中学生の時に、バチカンを旅する美術番組をテレビで見て憧れました。

→三菱一号館美術館|レオナルド×ミケランジェロ展 ~2017/9/24(日)

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/09/6911/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)