国立科学博物館|海のハンター展

先日、上野の国立博物館「海のハンター展 ー恵み豊かな地球の未来ー」へ、行って参りました! なお、ブログを書いている本日10/2(日)が展示最終日でした。

161002_hunters_of_the_ocean01大海原で死闘を繰り広げる生き物たちが勢揃い。標本や模型と分かっていても、口からのぞく鋭い歯に、思わず冷や汗が。

本展の目玉、ホホジロザメの全身液浸標本は、今にも動き出しそうな迫力。巨大な水槽に標本が入っています。会場で撮影した写真を基に描いてみました。161002_great_white_shark01描いてみて気づいたのは、すごく速く泳ぎそうなこと。海の生き物ですが、飛行機の戦闘機のようです。

解説パネルによると「尾ビレは上下がほぼ対称で三日月型だ。サメの中では珍しい形である。このような尾ビレは、マグロ類などにも見られ、高速で泳ぎ続ける魚の特徴だ。尾ビレの付け根には、キールと呼ばれる飛行機の水平尾翼のような構造もある。」

サメはいわば、海中の戦闘機ですものね。にぎわう展示会場の中で見るなら良いですが、夜中に一人で見に行くのは標本でも遠慮したいです。

→国立科学博物館|海のハンター展 ※展示期間は終了しています

タグ | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/10/5102/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)