小鳥の郵便屋〈前編〉

今日は、何度か書いている「少年と少女」シリーズの話です。夏のある日、少年に荷物が届きました。150718_syonen_nimotsu01

小鳥「こんにちは。君にお届け物だよ」

男の子「あれ? どうしたの、その帽子」

小鳥「郵便屋になったんだ。受取票にハンコかサインをもらえるかな」

男の子「はいどうぞ。それにしても、こんな大きな荷物。誰からのかな」

鳥「彼女からだよ」友達の女の子が送ったそうです。

男の子「どうしたんだろう。いきなり大きな荷物を送ってくるなんて、彼女からの手紙には一言も書いていなかったな。会った時に渡してくれれば良いのに…」

突然の荷物に、不安げな男の子です。続きはまた明日に。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/07/1721/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)