手帳とカレンダー

今日から10月ですね。今年も残すところ、後2か月。毎年、月日が経つのが早いなと思いますが、今年はイラストレーターとして独立した年なので、余計に早く感じます。
新しい年が近づくと、選ぶのが楽しみなのが手帳とカレンダー。手帳は紙派です。なぜって、手描き中心のイラストレーターですから、予定も手書きです(笑)。手帳はすでに来年2015年用を購入して、9月途中から使用しています。
2015年手帳
手前に置いてあるのが今年2014年用。嬉しいことに、仕事の予定が増えたので、手帳が大きくなりました!
それにしても、デジタルでスケジュール管理を済ませる人も増えたのに、年々、手帳売場が拡大していくような気がします。店頭の手帳・日記帳を見ると、一人3冊ぐらいは持たないと間に合わないんじゃないでしょうか。
さて、次はカレンダー選びです。今年は4つも使っていました。予定書き込み用と、パソコン近くのカレンダーはメーカー・ブランドを決めているので、後は観賞用ですね。
カレンダーといえば、ひとつ思い出が。美大の最終学年の時、修了制作の提出締切に合わせて、教授に頼まれて提出日までのカウントダウンカレンダーを手づくりしました。「みんなに、はっぱかけるんだ」と教授。教室の柱に貼って、毎日めくっていたのですが、最後の方になって助手のひとりに「そのカレンダー、藤井が作ったんだ!」と驚かれました。あれ、何か効果あったのかな…?

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/10/1004/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)