世界史モノ事典

イラストレーターにとって、資料本は大事です。入手したばかりの平凡社「世界史モノ事典」はかなりの優れもの。
日本史版2冊は以前、江戸東京博物館のミュージアムショップで購入していたのですが、世界史版もあることを知ってネット書店で購入。
百科事典の図版ばかりを集めた本です。モノクロで詳細に描かれた絵を見ているだけで、心ときめきます。日本史版もいいですが、西洋かぶれの私は、やっぱり世界史版に惹かれますね。エジプトとギリシア・ローマの神々がたくさん載っていて、楽器や武器、服、乗り物など、百科事典の美味しいところどりです。
本は買ったばかりなのですが、おかげさまで初歩的なイラストのミスに気づきました。ちなみに、グランドピアノの蓋が開く方向です。幼少期にピアノを習っていたのに(笑)。と、まあ、知っているはずなのに、いざ描くと、思い込みで間違えてしまうことってよくあるのです。気を付けないと。
この本、私にとって重要な本ですが、注文して届いたのは2002年の初版。重版未定だそうです。世界の10%が私のような嗜好の持ち主だったら、大ベストセラー間違いないのになぁ。
平凡社「世界史モノ事典」
タグ
パーマリンクURL https://iroirokaigakan.com/2014/09/1090/