立体と空間

ミラーレス一眼カメラを購入して以来、パシャパシャと撮っております。しかし昨日、今日と2日続けて、撮影について軽く注意を受けてしまいました。スケッチと違って、カメラはNGなこともありますから、気を付けないとなりませんね。
自分の作品で、撮影が大変だったのは、美大の修了制作「立体と空間」でした。
立体と空間_人物シルエット
場所は学校のグラウンドです。板状なので、風を良く受けてしまい、友人ふたりにそれぞれ押さえてもらいながら、シャッターを押す直前に手放してもらい撮影しています。
一見すると、白い人物よりも芝生と木々のコントラストの方が際立って、作品が目立たない写真となってしまったかもしれません。
大学の講義の授業で「22歳頃に考えていたことは、その後も変わらない」と耳にして、その時は「そうなのかなぁ?」と半信半疑でした。私の場合、紆余曲折はありましたが、最終的に変わりませんでした。立体専攻だった当時からイラストが好きでした。いつの間にか、10年経ったと思うと、考え深いです。

コメントをどうぞ!

出藍の誉れ

コメントをどうぞ!

イルミネーション

コメントをどうぞ!

ネクタイ

コメントをどうぞ!

クリスマス・キャロル

コメントをどうぞ!