ヒツジの夢 2

ヒツジの女の子はカフェにやって来ました。

ヒツジ「・・・やっぱり! 見つけたわ。バク君、私のことを覚えている?」

ヒツジとバクバク「ヒツジちゃん!? 小学校の卒業式以来だね・・・。ひ、久しぶり」

ヒツジ「覚えていてくれたのね。ありがとう」

バク(僕がここにいることを知らないはずなのに、どうしていきなり・・・)

ヒツジ「今日は折り入って、お願いがあるのだけれども。い・い・か・し・ら?」

バク「お、お願いって何?」

続く

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2020/02/9556/