ロビンソン・クルーソー島

先日、『ロビンソン・クルーソー』に出てくる登場人物『フライデー』の想像図を描きました。

肝心の主役、ロビンソン・クルーソーを描いていませんでしたね・・・。と、いうわけで『ロビンソン・クルーソー島』を描きました。

ロビンソン・クルーソー島南米チリの太平洋沖にあるファン・フェルナンデス諸島、3島のうち一番多きな島です。しかしながら、小説を一読した限り、小説に出てくる島と、位置も違う気がして、島の形も似ていない・・・。

それもそのはず、ロビンソン・クルーソーのモデルの一人であろうといわれる『アレキサンダー・セカルーク』が滞在していた島だそうです。

ロビンソン・クルーソー島は元々は別の名前が付いていて1966年に改名されたそうです。今風にいえば物語の舞台となった『聖地巡礼』目的ですね。

と、いうことは今、目にしている地名や島の名前も、爆発的なヒット作の舞台なら、名前が変わっちゃうのかも?

《参考》
→ナショナル・ジオグラフィック|ロビンソン・クルーソー「実在神話」の真相

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2020/02/9520/