映画|ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』を観てきました。ノーチェックだったのですが、評判が良いと聞き、映画館へ足を運びました。

ナイブズ・アウト===

NY郊外の大邸宅、人気ミステリー作家で大富豪のハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。家族か、身近な者による犯行なのか? 遺産の行方は? 名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)が、スロンビー家の謎を明らかにしていく・・・。

===

と、出だしのあらすじだけならば、よくあるミステリーです。そこからの展開が、新感覚のミステリーでした!

ライアン・ジョンソン監督によるオリジナル脚本で、アガサ・クリスティーに捧げるとだけあって、確かにクリスティーを彷彿させますね。もちろん、そのままクリスティーではなくて・・・おっと、ミステリーのネタバレは厳禁です。

ここ最近、続編やリメイクの映画が多かった気がします。人気ミステリー小説の待望の映画化ではなく、いきなり映画で長編ミステリーを観るのも新鮮ですね。

名探偵ブランに再び会えるのも、そう遠くないのではないでしょうか?

→映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2020/02/9498/