映画|メリー・ポピンズ リターンズ

全然ブログを更新できておりませんでした。もしも「この人」が私の家庭教師だったら、怒られそうですね。



イギリスの有名な児童文学「メリー・ポピンズ」です。ジュリー・アンドリュース主演のディズニー映画の続編として、作られたようです。主演はエミリー・ブラント。

原作自体、4冊もシリーズあるそうで、映画鑑賞後「帰ってきたメリー・ポピンズ」を読みました。原作より映画の方がエンターテイメント性が強いです。ミュージカルなので、それが大きいかもしれません。

「リターンズ」は前作の映画を彷彿とさせながら、今となっては懐かしい2Dアニメと実写の合成です。

前作の有名曲は使わず、あえて新曲にしたのが「思い切ったな」としみじみしていたところ、映画評で「なじみのあるメロディがなくてガッカリ」というコメントを見かけました。そういう見方もあるでしょうね。

マンマ・ミーア続編で、もっと曲があれば良いのに・・・と思ったメリル・ストリープが楽しげな雰囲気で登場するのが良いですね。

映画|メリー・ポピンズ リターンズ

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2019/02/8937/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)