映画|Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~

クリスマス・イブの夜。冷酷な金貸しの老人スクルージは死んだ共同経営者の霊に会い、過去・現在・未来の精霊が彼の元に訪れる…。

イギリスの作家チャールズ・ディケンズの「クリスマスキャロル」ですね。そんな「クリスマスキャロル」を執筆中のディケンズの映画でした。

「クリスマスキャロル」のあらすじと、ディケンズ自身を絡めて、物語は進みます。スクルージ役の俳優クリストファー・プラマーが「まさにスクルージ!」で、拍手したくなります。

映画を見終わって「主演のディケンズ役の俳優さん良かったな。誰だろう?」と思ったら、スタッフロールに、どーんと「Dan Stevens」!

おぉ! ダン・スティーヴンスだったんだ。大人気イギリステレビドラマ「ダウントン・アビー」シリーズのマシュー役! ディズニー実写映画「美女と野獣」の王子様でしたね。金髪の印象が強かったので、気づかなかったです。「ダウントン・アビー」を観ているときから「きっと、古典作品を演じたらハマるだろうな」と思っていたので、嬉しいですね。

古典の文学先品がテーマなので、小難しくしようとすればいくらでも出来たかもしれません。けれども、これは違います。ディケンズに敬愛を感じる作りです。子どもから大人まで楽しめる映画です。クリスマスが温かく迎えられそうです。

映画『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』公式サイト

タグ | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2018/12/8643/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)