からかさお化けの夏 13

昨日の続き。お化け屋敷の天井からぶら下がっている脚。正体は新人アルバイトで道具係の、からかさお化け。天井に空いた穴より振ってくる雨を防ごうと傘になっているのですが、それを知らない管理人のウサギ。

ウサギ「一体この脚は何だろう? えーい、こちょこちょ。うーん、この一本歯の下駄、どっかで見たような・・・」

からかさお化け「キャー、くすぐったい」

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2018/08/8317/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)