からかさお化けの夏 11

昨日の続き。お化け屋敷で道具係のアルバイトを始めた、からかさお化け。天井に空いた穴から雨が激しく降るのを防ごうと、自らの傘を開きました。そして、天井の下では、撮影係の獏が不思議そうに見つめています。

獏「ウサギ君、ネット用の写真と動画は撮りおわったよ! あれ? いないのかぁ ・・・おや、なんだろう?」

お化け屋敷の管理人であるウサギはいませんでした。首をかしげます。

獏「水たまりに頭蓋骨。板に金槌。そして天井から下駄を履いた脚」

獏は今日から、からかさお化けがアルバイトをしていることを知らないのです。

獏「シュールな光景だな。ウサギ君の作った新しい仕掛けのテストかな? ・・・それにしても脚がリアルすぎる」

タグ | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2018/08/8299/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)