からかさお化けの夏 2

昨日の続き。駅から徒歩5分の地図を片手に道を急いでいた、からかさお化けは、一つ目お化けのギョロメちゃんに会いました。

ギョロメちゃん「やぁ、からかさ君。暑い中、そんなに急いでどうするの?」

からかさお化け「アルバイトの面接なんだ。駅から徒歩5分のお化け屋敷」

ギョロメちゃん「あぁ、僕も同じところでアルバイトしているよ」

からかさお化け「ここ、屋敷の外だよ? それに、アイスキャンデー売りみたいだけど・・・」

ギョロメちゃん「お化け屋敷がリアルでとっても怖いんだ。来場するお客さんにいちいち驚いて叫んでいたら、中のお化け役が出来ないって、アイスキャンデー担当になったよ。1本いかが?」

からかさお化け「じゃあ、もらうよ。暑くてたまらないからね」

ギョロメちゃん「ありがとう! 100円です」

・・・お化けなのに怖がりなギョロメちゃん。でも、しっかり友達にアイスキャンデーを売ります。

タグ | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2018/08/8256/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)