ジョルジュ・ブラック

先日、パナソニック汐留ミュージアムで開催中のジョルジュ・ブラック展へ行きました。20世紀フランスで活躍した画家です。ブラックの絵画を基にしたジュエリーの数々が展示されていました。ジュエリーになったブラックの作品を見るのは初めてです。

ブラックといえば、やっぱりキュビズム! 色々な角度から見える姿を、一枚の絵に重ねて描く手法ですね。楽器を好んで描いたブラック。と、いうわけで、ブラック風にバイオリンを描いてみました。

→ジョルジュ・ブラック展 ~2018/6/24(日)

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2018/06/8034/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)