「お人形さんのような」は、美人?

美人の条件とは何でしょう? 人によって様々ですが、ひとまず良いといわれる特徴を挙げていきましょう。

小顔、色白、目が二重で大きくぱっちりしている、鼻が高い、スッキリとしたあご、白く輝く歯並びが良い歯、艶のある髪、ハリのある肌、やせている、ウエストが細い、足が長い、八頭身…。

キリがないのでこの辺で。書き出して思ったのですが、現代の美人・カワイイといわれがちな特徴を組み合わせると、マンガやアニメなどの2次元キャラクターのようです。「お人形さんのような」は、容姿に対する褒め言葉ですね。小顔で目が大きな人、でしょうか。

海外にはアニメキャラや人形のようになりたいと、整形手術をしてしまう人もいるとか。そこまでいかなくても、瞳を大きく見せるカラーコンタクトを使う人はいらっしゃいますね。見かける度に「アニメみたいだな」と思ってしまいます。

たまに仮装やコスプレで楽しむぐらいならば、良いと思います。ただ、2次元のキャラクターを美のお手本とするのは、違和感を覚えます。なぜなら、最初から作り物だからです。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2018/01/7519/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)