魔法の万年筆 1

久々に物語風です。

==

1 明日が締切だというのに、小説家は一行も書けていなかった。気分転換に喫茶店へ来てみたが、頼んだホットコーヒーが冷めるだけだった。原稿用紙は白紙のまま、時間ばかりが過ぎていく。そんな時、不意に声をかけられた。

「もしかして、小説家の○○先生ではいらっしゃいませんか?」

==

明日に続きます。

タグ | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/12/7345/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)