馬車馬

本日は勤労感謝の日。ここ数日の馬つながりで、働く馬といったら、馬車馬。「馬車馬」とは「脇見をしないように目の両側におおいをされることから、脇目もふらずに物事をひたむきにすることのたとえ(広辞苑)」とあります。

馬車といえば、私はシャーロック・ホームズを思い出します。TVドラマで、ベイカー街を行き交う馬車の足音に、バイオリンのオープニングテーマが重なり、ドラマが始まります。

目におおいをされた馬も、おそらくホームズのドラマで一番最初に見ました。「目におおいをしたら、何も見えないじゃないか!」と子どもの頃は不思議に思いましたが、前は見えるのですね。

何もない状態だと、馬が街中のものに気をとられてしまうから、おおいするそうです。「家にいると集中できないから、図書館へ行って勉強する」と同じですね。

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/11/7282/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)