三菱一号館美術館|レオナルド×ミケランジェロ展 前編

先日、東京の三菱一号館美術館で開催中の「レオナルド×ミケランジェロ展」へ行って参りました。

三菱一号館美術館は復元した赤煉瓦の建物。そこで昔の絵画を観るのは、雰囲気が良いですね。

展示会はイタリア、ルネサンス期に活躍したレオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ・ブオナローティの素描が中心でした。素描は、絵を描く基本となるデッサンのことです。

展示会ポスターに使われていたレオナルド・ダ・ヴィンチの《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》を描いてみました。

遠く及ばないのは大前提です。やっぱりデッサンは描かないといけませんね。

→三菱一号館美術館|レオナルド×ミケランジェロ展 ~2017/9/24(日)

タグ | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/09/6906/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)