東京都美術館|ティツィアーノとヴェネツィア派展

会期は終了してしまいましたが、先日「ティツィアーノとヴェネツィア派展」を上野の東京都美術館で観て参りました。

春の上野は花見客でいっぱい。美術館に着くと、花の女神フローラのパネルがお出迎え。

「画家の王」と呼ばれ、当時から絶大な人気を誇ったティツィアーノ。2月のイタリア旅行ではウフィッツィ美術館で絵画を観ました。

「色彩のヴェネツィア派」として展示が組まれていました。私が観た印象は「黒や、暗い背景の絵が多いな」です。ヴェネツィア特有の明暗なのでしょうか。2月の旅行では曇りの1日、昼間にヴェネツィアに行ったきりなので、そこまでは分かりませんでした。

さて、フローラを私も描いてみました。雰囲気が変わってしまいましたね。本当に、まだまだです。

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/04/6110/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)