水差し

水彩絵の具で描くときに使用する、水差し。チューブから出した絵の具に水を加える際、使います。ボトル状になっていて、中に水を入れます。本体はやわらかく、押すと、細く曲がったノズルから水が出ます。ケチャップやマヨネーズの容器にノズルが付いたようなものです。

水差しを使うまで、絵の具に水を加えたいときは、筆で筆洗(ひっせん)から少しずつ取っていたので、なんて便利な道具だと思いました。とりわけ、ポスターカラーで描くときは必需品といっても差し支えないでしょう。

絵を描いていると、筆にどうしても絵の具が残って、綺麗な水が筆でとれなくなってしまうからです。また、水の量の調節も難しいです。

必要なときに、必要な分だけ、綺麗な水を。水差しの存在を高校生の時に知ってから、ずっと使っています。忘れてはならない名脇役ですね。

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2017/01/5724/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)