アート作品の事故

昨日、イベント会場で木製のアート作品が白熱灯によって燃え、死傷者が出る事故がありました。

学生時代、立体アート作品を作っていた身としては、とても悲しい事件です。

昔、美術作品といえば、絵画や彫刻でした。展示会に絵画作品を出品する場合、額縁のガラス板は必ずアクリル板にするように指示があります。落下した場合を想定してのことです。

今はアート自体が多様化して、安全対策も一通りで済むようにはいかなくなってきました。

今回の事件を受けて思い出したことがあります。アート作品ではないのですが、高校時代、文化祭の出店で汁物を食べました。161107_table01簡易的なテーブルで、天板は段ボール。器を置くところに、十分な強度はありませんでした。

料理の味は覚えていませんが、テーブルにヒヤッとしたことを覚えています。

自分の学生時代、自分や身近な人のアート作品で事故は起こりませんでしたが、たまたまだったかもしれません。今は平面作品の制作が多くなりましたが、もしも、ということを念頭に、作品作りをしていきます。

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/11/5341/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)