太陽系スポーツ大会 綱引き

賢いブログ読者の皆様は、リオ五輪を楽しんでいらっしゃるでしょうか? 一昨日描きました「太陽系スポーツ大会」。本日は運動会でおなじみの種目、綱引きです。

===

実況「さあ、火星オリンポス火山を臨む競技場より、綱引きの決勝をお伝えします。いよいよですね!」

解説「とても興味深い、決勝の組み合わせになりました」

実況「太陽系スポーツ大会は基本的に惑星ごとにチームが組まれますが、組織委員会が認めれば、地域での出場も可能です。そして決勝は共に、惑星以外の顔ぶれとなりました。さっそくご紹介しましょう。画面左、火星と木星の間にある小惑星帯よりモグラチーム」

解説「普段は別々の星で暮らしているモグラたちです」

実況「対するは画面右、冥王星よりケルベロスです。普段は冥界の番犬として活躍しています。2006年に冥王星は準惑星となり、一時は、この太陽系スポーツ大会の参加も危ぶまれましたが、見事決勝に駒を進めました。さあ、いよいよ決勝です!」160816_tunahiki01ぱぁん!

実況「冥王星ケルベロスは、綱のよりをほどいて、三つ首それぞれで引いています! 小惑星モグラチームは9匹で力を合わせて引きますが、あ~、ちょっと力が及ばないか、ケルベロスに引き寄せられています。さすが冥界、地獄の番犬!」

解説「…ケルベロスが火星に来ているということは、今、誰が冥界の番をしているのでしょうか」

実況「…」

解説「…」

実況「…さあ、試合に戻りましょう! やっぱり強いケルベロス! 三つ首の力は、その3倍、いや、それ以上になるのではないか!! あ~、今、モグラチームが引きずられる形になりました。はい! ここで試合終了です。優勝はケルベロス!」

解説「番犬としての貫禄を見せつける試合でしたね」

実況「さあ、続きまして、表彰式の模様をお伝えします。競技場に流れる『冥王星歌』。作曲はギシリア神話でおなじみ、オルフェウスです。あ~っ! ここで、ケルベロスが眠ってしまいました」

解説「心地よいメロディですね。さすが琴の名手オルフェウス。つい先ほどまで、試合だったことを忘れてしまいそうです」

実況「そうでした。何か大切なことを忘れている気がするのですが、何でしたかね。素敵な旋律に、我々報道陣も、癒やされますね」

===

五輪パロディなので、綱引きを描いた訳ではないのです。100年前の近代オリンピックでは正式種目だったそうです。

小惑星帯は、なにか小動物を…と思い、モグラにしました。少し前ですが、地下鉄の駅の線路で、モグラを目にしました。

冥王星、冥界にいるケルベロス。ギリシア神話の中で、オルフェウスが奏でる琴に眠ってしまう場面があります。

なお、私が持っている電子辞書は、まだ冥王星が惑星扱いです。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/08/4786/