蝉丸

東京はまだ梅雨明けではないようです。雨が上がった途端に、待ってましたとばかりに蝉時雨。

蝉で思い出したのは「蝉丸」。160722_semimaru01頭巾姿なので、百人一首で坊主めくりをする時に「殿かと思ったら、坊主だった!」とよく勘違いしました。ただ、坊主ではないという見方もあるようです。

生没年も、伝記も良く分かっていないそうです。そんな謎めいた蝉丸の歌はこちら。

===

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

歌の意味:これが、都に行く人も、都から帰る人も、知っている人も、知らない人も、逢っては別れるといわれる逢坂の関なのだなぁ。

===

現在なら、ターミナル駅や、空港の光景が近いかもしれませんね。

琵琶の名手だったともいわれる蝉丸。これも良く分かっていないそうです。蝉時雨ではなくて、蝉丸の琵琶なら、夏も涼しくなるでしょうか?

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/07/4597/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)