オペラ座の怪人|クリスティーヌ

先日、読みかけの小説に出てくるヒロインを簡単に描きましたが、「オペラ座の怪人」の歌姫クリスティーヌ・ダーエでした。160716_phantom_of_the_opera_christine01読み終えたので、描き直しました。怪人が歌のレッスンを施し、思いを寄せる相手です。

クリスティーヌ役で有名なのはロンドン公演、ブロードウェイ公演でオリジナル・キャストを務めたサラ・ブライトマン。

当時は作曲したアンドリュー・ロイド=ウェバーと夫婦でした。なので、怪人とクリスティーヌの関係が、作曲者と役者にも重なるのですね。

ミュージカルは好きでよく見に行きます。「オペラ座の怪人」は、生の舞台で観て良かったと思う作品です。パリのオペラ座で起こる話なので、舞台で観ていると、実際にその劇場にいるような気分になり、臨場感がありました。

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/07/4559/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)