大いなる遺産

居丈高(いたけだか)。手持ちの明鏡国語事典によると「いきりたって、人を威圧するような態度を取るさま」と、あります。

チャールズ・ディケンズの小説「大いなる遺産」に出てくるエステラは、まさに居丈高なヒロイン。160608_estella_great_expectations0219世紀イギリスを舞台にした小説ですが、現代アメリカに舞台を移した映画版を先に見ました。話の展開に「???」なところがあって、原作を読んで、ようやく分かりました。

映画はで主人公が絵を描いているのですが、違和感がありました。やはり、原作にはない設定でした。題名通り、話の中に出てくる「大いなる遺産」を現代でどう扱うか、とのことで画家の設定になったのでしょう。

タグ | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/06/4312/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)