ワープロの漢字変換

子どもの頃、家にあったワープロ。文章を漢字変換をすると、血、骨、刺など、おどろおどろしい字がよく出てきました。

まるで、ミステリー小説を読み過ぎたワープロでした。160516_word_processor01今なら人工知能を搭載して、ミステリー小説をワープロ自身が書いているかもしれません。

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/05/4149/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)