シュバシコウ

「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」と言われますが、「なぜコウノトリなんだろう?」と思って、ネットで調べてみました。元はドイツでの話だそうです。

そして長年、コウノトリだと信じておりましたが、ヨーロッパに日本と同じコウノトリはおらず、近い種のシュバシコウが伝承の鳥になるそうです。

コウノトリも、シュバシコウも「コウノトリ目 コウノトリ科 コウノトリ属」までは分類は同じ。クチバシが黒いのがコウノトリ、赤いのがシュバシコウ。

160510_european_white_stork_kosodate_sq01ヨーロッパでは高いところに巣作りをして子育てをするそうです。日本のツバメのような様子なのでしょうか。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/05/4111/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)