迷子の鯉のぼり〈後編〉

昨日の「郵便屋の小鳥」の続きです。


郵便屋の小鳥が配達中に出会った、緑色の鯉のぼり。紐がちぎれて風に流され、迷子になってしまいました。

鯉が「家の男の子は、工作が得意」というので、小鳥は鯉を連れて、良く知っている男の子の家にやって来ました。

160502_koinobori_kotori02_sq01男の子「わぁ! どこへ飛ばされちゃったのか、全く分からなかったのに。小鳥さん、ありがとう!」

小鳥「良かった。正解みたいだね。…あれ?」

緑色の鯉は小鳥とおしゃべりしていたのに、男の子の前では話さないどころか、瞬き一つしませんでした。

男の子「どうして僕の家の鯉のぼりだって、分かったの?」

小鳥「郵便屋の経験と勘かな」

青い小鳥が被っている赤い帽子とリュックは前に、男の子に作ってもらいました。鯉が「工作が得意」というので、真っ先に思い出しました。

男の子「今度は飛ばされないように、紐をしっかり縫い付けないと。そうだ! 小鳥さんの帽子とリュックも見せてもらって良い? いっぱい飛んで、たくさん手紙を運んでいるから、くたびれているかもしれない」

小鳥「それなら、見てもらおうかな」と、帽子とリュックを差し出しました。

~おしまい~

 

タグ | | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/05/4062/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)