国立科学博物館|恐竜博2016

一昨日、眺めのいいレストランとして国立科学博物館について書きました。レストランの前には特別展「恐竜博2016」へ。160425_spinosaurus01イラストは今回の展覧会の目玉、史上最大の肉食恐竜スピノサウルスです! 全長約15メートルなので、迫力満点。骨の数と形状は正確には描いていないので、ご了承下さい。

特徴は背中の突起。会場近くで手に入れた「朝日新聞 恐竜博2016 記念号外」によると「背中に並ぶ骨には長い突起がある。皮膚の膜がはって、帆のような形だった。その機能はまだ分かっていない」とのことです。

この巨体なので、平地にいたら、風をまともに受けてあおられそうです。水中生活も行っていたというので、ヨットの帆みたいに使っていたのでしょうか?

→国立科学博物館|恐竜博2016 ~2016/6/12(日)

タグ | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/04/3986/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)