東京都庭園美術館|ガレの庭

目黒にある庭園美術館で開催中の美術展「ガレの庭」へ行ってきました。

ガレの器や家具は、庭園美術館の建物にピッタリで、まるで元々置いてあったようでした。植物の形状を取り入れた器類は独創的でした。

日本の工芸美術に強く影響を受けたと解説があり、作品もその通りです。渋めの色合いや構図は、西洋のものなのに、どこか懐かしいです。160327_ran01イラストは、ガレがよく好んだ蘭です。

また、展覧会名の「ガレの庭」を庭園美術館の「庭」に重ねる構想でした。庭園美術館ならではの試みですね。一歩足を踏み入れれば、フランスのガレの庭に行った気分になります。

→東京都庭園美術館|ガレの庭 ~2016/4/10(日)

タグ | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/03/3772/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)