バレンタイン・マジック〈前編〉

本日は「少年と少女」シリーズです。


バレンタインデー。男の子は公園で、女の子と会う約束をしました。ずっと待っているのに、彼女は中々、来ません。何かあったのかもしれないと心配になりかけたとき、ようやく姿を現しました。

女の子「お待たせしちゃって、ごめんね!」と男の子に駆け寄ってきました。「大道芸のマジックを見ていたら遅くなっちゃった」

男の子「そう…。何だか今日はずいぶん、身軽だね…」

女の子「うん! 手ぶらで来ちゃった!」

160213_valentine_magic01_sq01
男の子は目を丸くしました。今日はバレンタイン。会う約束をしているのだから、当然のごとくチョコレートがもらえるのだと思っていました。そもそも、おでかけに誘ったのは女の子です。

男の子(僕と約束しているのに、一人でマジックを見ていたなんて! 遅刻したのに、ちっとも悪びれていないや。…心配して損した)

女の子「じゃあ、行こっか!」

男の子は返事もせずに、女の子の後について歩き出しました。一日中、いえ、チョコレートのために一年中、待っていたようなものです。でも、チョコレートが欲しいとは自分からは言い出せないのです。


続きはまた明日に。

 

タグ | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/02/3393/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)