海外の恋愛事情

「お知らせ・仕事実績」で紹介しましたが、朝日出版社刊の大学生向け語学教科書を、昨年2014年は、7冊(フランス語3、スペイン語2、英語1、韓国語1)のイラストを描きました! ありがとうございます。

いまだに海外へ行っていない私ですが、仕事の上では、世界旅行をしております。

教科書は大学生の日常を描くことがほとんどです。「所変われば品変わる」で、日本との違いを知るのが面白いです。

中でも違いが分かりやすいのは、恋愛事情。

 

160121_kokuhaku01

上記はスペイン語教科書に描いたイラストと、同じ内容を描きました。

これは「愛の告白」の場面。驚いたことに「プロポーズ」ではないのです! 日本で男性が片膝を立てるイラストを描いたら、ほぼ間違いなく「プロポーズ」に見えるでしょう。

しかも、ヨーロッパだけではないのです。お隣の韓国ではバレンタインデー、ホワイトデーに続いて、14日のカップル記念日が1年中、計12回もあるそうです!

いやぁ、情熱的な国の方を好きになったら、アプローチが大変そうですね。でも、愛さえあれば、語学も一緒に上達できそうです。

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2016/01/3200/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)