ポートフォリオ

美術・デザインなどのクリエイティブ系職種に欠かせないのが、ポートフォリオ。自分なりの解釈ですが「自作の作品集で、個人制作というより仕事を前提にした内容のファイル等」になります。

元々は紙挟み、折鞄の意味だそうです。と、いうことで紙挟みのイラストです。151127_portfolio01最初の就職活動時に作ったポートフォリオは結果が芳しくなく、「全滅ファイル」と呼んでいました。けれど、学生時代の課題作品を入れたのは当時のポートフォリオのみだったので、今は学生作品を紹介するときに補助的に使っています。


転職時にポートフォリオを作り直しましたが、本来、仕事をしたいイラストとはかけ離れたファイルを使用していました。当時のデザイン関連の仕事をまとめたものです。今、使うことは全くありません。

自分の志すものがあっても、需要が少なければ、方向性を曲げなければならず、結果として不本意なポートフォリオになっていました。人に見てもらうはずのポートフォリオなのに、見てもらいたくなかったのです。


そんな経緯があって独立したので、イラストレーターとしての最初のポートフォリオはごく薄いものでした。それまで描きためたイラストと、仕事を想定して描いたイラストで、まかなっていました。

今、ご覧いただいているWEBサイト「色々絵画館」やブログ「色々絵日記」も、イラストのポートフォリオです。「全滅ファイル」に入っていたイラストも、いくつか載せています。「全滅」か「復活」か、選んで決めるのは自分なのかも知れませんね。


さて、今日のイラストですが、右下に、じゃんけんの「パー」と「チョキ」を描きました。「パー(紙)」と「チョキ(ハサミ)」で、「紙挟み」です。

タグ | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/11/2774/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)