フクロウスコープ

ブログですっかりおなじみ、今日は「少年と少女」シリーズです。


女の子のところに小鳥が包みを運んで来ました。

小鳥「君に小包だよ。ハンコをよろしく」

女の子「あれ? 何だろう。こんなもの頼んだっけ…。あ、懸賞が当たったんだ!」さっそく包みを開いてみます。

150923_owl_scope01
小鳥「フクロウスコープだ! 当たったなんてすごい!」

女の子「小鳥さん、知っているの?」

小鳥「うん。通販で注文した人に、同じ商品を届けたことがあるんだ。フクロウみたいに夜でも見える小型スコープだよ」

女の子は説明書を開いてみます。「まさか、当たるなんてなぁ…。嬉しいけれど、私にはちょっと難しそう。小鳥さん、これ使う?」

小鳥は首を横に振りました。「ううん。それ、人間用なんだ」

女の子「そうなんだ! …じゃあ、使ってくれそうな人にプレゼントしないとね!」と、目を輝かせました。

どうやら、フクロウスコープのもらい手を思いついたようです。


懸賞は忘れた頃に、当たったりしますよね。本日のイラストにも使っているファーバーカステルの色鉛筆も元は懸賞で当たったものです。大好きな色鉛筆なので、とても嬉しかったです。

さて、フクロウスコープは誰の手に渡るのか、賢いブログ読者の皆様はきっとお分かりですね。続きはまた今度に。

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/09/2280/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)