少年の手芸

本日は「少年と少女」シリーズです。




男の子は繕い物をしています。手には友達の女の子にプレゼントしたヘアゴム。彼女がつけすぎて、ゴムがすっかり伸びてしまったのを直しています。

150920_syonen_syugei01

男の子「しっかり縫い付けないと…。ねえ、小鳥さん。ちょっと相談があるんだけれど…」

小鳥「うん、いいよ。何かな?」

男の子「彼女に、直した花のヘアゴムだけじゃなくて、何か別の髪飾りも作ってプレゼントしたいんだ。…つけすぎて、ゴムが伸びちゃったんなら、その…替えもあった方が良いかなと思って…。どんなのが良いと思う?」

小鳥「彼女に直接、聞いたら?」

男の子「そんな! サプライズでプレゼントしたいのに…。何が良いかなぁ」

小鳥「彼女につけてもらいたいものを、君が考えて作れば良いじゃない」

男の子「えぇーっ!」思わず、顔を赤らめました。「そんな、でも…、ううんと、そうだだなぁ…。彼女に似合うのは…」

小鳥は「じゃあ、またね」と帽子を被り直して、飛び去りました。




この続きは、また今度に。

タグ | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/09/2262/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)