漆の蒔絵体験

先日、青山にある会員制素材見本館、Material ConneXion Tokyoで開催されたマテリアルセミナー・ワークショップ「MATERIAL NIGHT vol.7」に参加してまいりました。

佐藤喜代松商店さんに、従来の漆と、進化した漆「MRーⅢ:雅」について、教えていただきました。伝統の素材ですが、まだまだ可能性が広がっているのですね!

その後はお楽しみの漆ワークショップ。丸皿に蒔絵を施します。事前に絵柄を決めていなったので、しばし考えます。せっかくなら、地の黒を生かしたいですね。

150914_sara01
ここは、やっぱり好きな絵柄で…と思い、描き始めます。漆でかぶれないようにアームカバーとビニール手袋をつけます。

150914_seisaku01
漆で描いた後に少し乾燥させてから、金粉をまきます。

150914_sara02
続いて、銀粉。

150914_sara03
そして、待つこと1週間…。

ついに完成です! 私の作品ではおなじみの「少年と少女」シリーズです。地の黒を宇宙と考えて描きました。

150914_sara04
縦の帯状の点々は天の川。左右の星は地球と月です。高校生の時に見た夢をモチーフ(画題)にしていて、同じ主題で何度も描いています。

伝統工芸品には遠く及びませんが、自分で描くのは楽しいですね。

150914_woman_makie01
→Material Connexion Tokyo
→株式会社 佐藤喜代松商店

タグ | | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/09/2212/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)