Bunkamura|エリック・サティとその時代展

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「異端の作曲家 エリック・サティとその時代展」を観て参りました。

「3つのジムノペディ」などで有名ですが、人生については知りませんでした。それもそのはず、サティは画家ではなく作曲家。人物像は今回の展示で初めて知りました。

それにしても、美術展が一人の作曲家を中心に構成されるのは珍しいです。複合文化施設のBunkamuraならでは、という感じがしますね。

サティ展は人生に合わせて、19世紀末パリの夜から、20世紀の前衛芸術を追いかけていきます。今でこそ、おとなしく美術館に収まっていますが、当時はきっと全く別の扱いだったのでしょう。

さて、イラストは本人が気に入っていたというポートレートを手本に描いてみました。BGMはサティ作曲の「Je Te Veux(ジュ・トゥ・ヴ)」です。150818_erik_satte01サティは異端の作曲家なのに、オーソドックスな描き方をしてしまいました…。似ているかどうかは、会場にてお確かめ下さい。

→Bunkamuraザ・ミュージアム|エリック・サティとその時代展 ~2015/8/30(日)

タグ | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/08/1972/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)