花のお届け物

最近、登場回数が多い「少年と少女」シリーズです。

良く晴れた夏の日。けれども女の子は浮かない顔です。そこへ小鳥の郵便屋がやって来ます。150816_girl_summerflower01小鳥「君に、花のお届け物だよ。今日の空みたいに綺麗な青」

女の子「本当だ。誰から?」

小鳥「それが差出人は分からないんだ。郵便局に行ったら、『君に届けて』と花が残されていたから」

女の子「ふうん。そうなんだ。…じゃあ、そこら辺に置いておいて」

小鳥「あれ、嬉しくないの? 綺麗な花なのに」

女の子「なぜって、誰から届いたのか分からないのよ。小鳥さんが来てくれたから、てっきり私…ううん、何でもない」

空に向かって、女の子はため息をつきました。青空に、黄色のワンピース、そして青い花。どれも綺麗ですが、女の子にはどうでも良いことでした。乙女心は複雑なのです。

タグ | | | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/08/1960/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)