ALWAYS 続・三丁目の夕日

先日の芥川賞で思い出した映画です。2007年公開の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」。ずいぶん前になるのですね。「三丁目の夕日」シリーズは3作ありますが、2番目に当たる「続・三丁目の夕日」が、自分にとっては印象深いです。

吉岡秀隆が演じる売れない小説家、茶川竜之介が、心の内を小説に書いて、芥川賞候補になるという筋書きです。そうそう、この作品、文学者をもじった登場人物名が多いですね。茶川が書く小説も「踊り子」。

小説に、自分の気持ちを代弁させるのは、小説家ならではかもしれません。小雪が演じるヒロイン、ヒロミは茶川の小説が芥川賞候補になって、本に手を伸ばそうとしますが、引っ込めてしまいます。

いわば、告白として書いた小説が、注目されて、読んでほしい相手の目に触れられることになりますが、注目されたことで、気後れされてしまう。

…と、まあ、ここまでにしておきます。賞を獲得したり、成果を得ることは大切ですが、それが全てではないですね。この作品のように状況を変えることもあるかもしれません。

夕日つながりで、そのまま「夕日」というタイトルのイラストです。

150806_sunset_sukuracchi_sq01
スクラッチで描いています。この作品は特に思い入れがあり、好きな技法エングレーヴィングの銅版画と、下絵用に描き込んだペン画、銅版画後に制作したこのスクラッチがあります。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/08/1901/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)