「智天使ケルビム」と「車輪の下で」

本日は普段、描かないような題材にしてみようと思い、旧約聖書より「智天使ケルビム」を描いてみました。150730_cherubim01天使といっても、普段想像するような人間に翼が生えた姿ではないそうで、描き切れてはいません。「車輪が近くにある」ということで、車輪を描いてみました。

知識こと「智」、それに「車輪」の組み合わせで、ヘルマン・ヘッセの小説「車輪の下で」を思い出しました。

周囲の期待に応えようとする、主人公ハンスの葛藤を描いた作品です。受験や学問の悩みが、今もなお悲しいほど鮮やかにつづられています。心深くえぐられる内容で、あらすじを思い出しながらケルビムを描いたら、顔の表情に現れてしまいました(ケルビムは出てこなかったように思いますが)。

また、ページをめくってみたくなりました。

タグ | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/07/1865/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)