人魚姫

「なんて悲しい話だろう」子どもの頃、初めて読んだ時の感想です。病院の待合室にあった絵本です。表紙も人魚姫の絵柄も忘れてしまいました。けれど、最後のページだけは覚えています。海の泡でした。

150713_little_mermaid01
……嵐で難破した船から王子を助け出した人魚姫。海に戻っても人魚姫は、王子に会いたくてたまりません。そこで魔女と取引して、美しい声と引き替えに人間の脚を手に入れます。王子のそばにいられるようになったものの、自分が助けたとは伝えられません。

王子がおぼれかけた後、浜で偶然通りがかった女性がいました。王子は彼女を命の恩人と勘違いして、結婚します。人魚姫は思い叶わず、海の泡に……。

ディズニーはアニメ映画「リトルマーメイド」で、お約束のハッピーエンドに仕立てました。途中で声が出なくなってしまうヒロインにも関わらず、ミュージカルとは大胆な映画化ですね。また、大人向けシリーズの先駆けとなった作品でした。

原作は悲しい結末ですが、見方を変えれば「人魚姫の恋は叶わなかったけれど、好きになった王子を助けて、彼を幸せに導いた」のかもしれません。もし王子や、偶然通りがかった女性が主人公なら、これはハッピーエンドなのですね。

タグ | | | | | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/07/1645/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)