映画「バケモノの子」

たまには休日に映画でも思って、観たアニメ映画「バケモノの子」

細田守監督作品は「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の3作品を観ていて、最新作を劇場で観ました。

渋谷と異世界が舞台になっています。渋谷の背景が実物そのままなので、看板とか見ていて楽しかったです。異世界の背景も、渋谷を思わせる箇所がありました。また以前の3作品から、ちょこちょこと思い出させるシーンが登場しました。

タイトルの「バケモノ」キャラクターは獣人というべきでしょうか、動物を擬人化した感じなので、観ていて怖いとまではいきませんでした。

アニメを観る時に以前はメインキャラクターやストーリーが主な興味の対象でした。それに加えて、今は世界観の設定や、背景、サブキャラクターや群衆の描き方が、気になります。

…せっかくなので、イラストは以前描いたバケモノ風のイラストです。150712_hydra01女の子のつもりで描きましたが、分かりづらいですね。私もいつかエンターテイメント作品に関わりたいものです。

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/07/1638/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)