鉛筆を持つ左手

以前描いたデッサンです。150618_left_hand_sq01「鉛筆の芯が長く、尖らせすぎではないか?」と思われるかもしれません。デッサンの時は鉛筆の芯を長く出して削るのが普通ですが、それにしても少々長いかもしれません。

手は、体の中でも描くのが難しいパーツです。仕事のイラストでも、手の表現には悩むことが多いです。けれど、その分表情をつけたり、魅力的なパーツでもあります。

描く仕事には大切なパーツでもあるので、丁寧に描いていきたいです。

タグ | | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/06/1295/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)