考えるカンガルー

美大生時代、文化祭を利用して、学内自主展示の中でミニ個展を開いたことがあります。5点ほど出したうちの一番人気は以下の作品でした。
考えるカンガルー_コンテ
題名は「考えるカンガルー」。オーギュスト・ロダン作の彫刻「考える人」のパロディです。コンテで描いています。なお、本物の「考える人」は上野の国立西洋美術館にもあります。

考える人(拡大作)_国立西洋美術館
これは鋳造のブロンズ像なので、本物が複数存在します。ちなみに正確な題名は「考える人(拡大作)」。…ん? “拡大作”って何? と、思った方もいらっしゃるかもしれません。答えは同じ西洋美術館の庭園内にあります。
入り口付近にある同じロダン作の「地獄の門」。

地獄の門_国立西洋美術館
門の上の方をよくご覧下さいね。おやや~?







地獄の門_考える人_国立西洋美術館
「考える人」を発見! 実はこの「地獄の門」が先に作られ、「考える人」のみを後で拡大作として制作されたのです。この経緯は国立西洋美術館WEBサイトに詳しく載っているので、下部にリンクを張っておきますね。
うつむいている像は描くのが難しいので、今度はどうやって描こうか“考えて”おきます。
→国立西洋美術館|もっと知りたい国立西洋美術館 第11号

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/04/579/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)