すずがみ〈後編〉

昨日、ブログでご紹介した「すずがみ」。3/20(金)にっぽんてならい堂のワークショップ、『桜の下のてならい堂』in おとなのお花見会、「叩いてつくるオリジナルすずがみ by syouryu」にて作りました。
すずがみ01
トン、トン、トン…。
すずがみ02
金槌には模様が刻まれていて、打つことによって、すずの板に、柄ができていきます。
すずがみ07_金槌_色鉛筆イラスト
完成した「すすがみ」を手に、教えていただいた島谷様と記念撮影。写真は、にっぽんてならい堂の方に撮っていただきました。ありがとうございます!
すずがみ03
体験してみて感じたことは、「職人さんは、早くて上手!」…当たり前と言ってしまいえば、当たり前。しかし普段、手を動かす仕事をしているのにも関わらず、美しい模様には、ほど遠い仕上がり。でも、何事も体験ですね。
「すずがみ」は昨年、展示会で見て気になっていたので、この機会に自分で作ることが出来て一石二鳥でした!
→にっぽんてならい堂
→syouryu|すずがみ

タグ |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/04/543/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)